食事や日程を考えることも結婚式の費用節約に欠かせない

全てサポートしてもらえる

新郎新婦

二次会をしようと思ってもお願いできそうな人がいない、という場合があると思います。そんな時は幹事代行サービスというものがありますので、そちらに全てサポートをお願いすることが出来ます。会場との打ち合わせや招待状の作成など全ての分野で依頼出来ます。

More Detail

お祝いのメッセージを送る

新郎新婦のイラスト

結婚式などで電報を送る場合は、相手の好みに合わせて商品タイプを選ぶように心がけましょう。また、インターネット電報サービスは、いつでもどこからでも、格安で注文できるという特徴があります。商品の種類や文例集も豊富で、手間なく電報を送ることができます。

More Detail

自分に合った式を挙げよう

式場

安く抑えるためには

結婚式を行う際に気になることはその費用です。ゲストの人数によっても変わってきますが、平均的には300〜350万を掛けて行うことが多いです。しかし、費用はできる限り抑えたいという人は少なくありません。費用を抑えたいが良い場所で行いたいという方にお勧めなのは日取りを考えることです。まず平日であれば行う人も少なく、費用は格段と安くなります。しかし、平日ではゲストが来れないという方も多いため、土日祝で行いという人は多いでしょう。そういった人には時期を真冬や真夏、梅雨時にすると比較的安く結婚式を挙げることが出来ます。また、時間帯も大事で、時間帯は夕方ごろにすると日中に行うよりも安くなります。その他、人数が少人数の時は結婚式場ではなくレストランを式場とすることや、ウエディングドレスなどを持ち込みにすると費用を抑えることが出来ます。ただし、持ち込みの場合は式場によっては逆に高くなる場合もありますので、そのあたりはしっかりと確認しておく必要があります。

印象と内容はどうなのか

結婚式の費用の特徴といえば飲食代です。平均的に飲食代は結婚式の3分の1程を占めています。ただ、ここを抑えてしまうと印象が悪くなる可能性があるので、食事の費用を抑えたいという方はメイン料理は良いものにして他を考慮するということで印象も変わらなくなります。また、ゲストに関しても大事です。結婚式にはご祝儀がありますから、誰を呼ぶかで自分自身が出す費用も変わってきます。誰を呼ぶかを考えて結婚式の費用を決めることもとても大切といえます。先ほど述べたレストランウエディング、ナイトウエディングでは安くできる他にもメリットが多く存在します。レストランウエディングでは少人数で行うためゲスト同士の関わりが強くなりますし、ナイトウエディングではライト等の光を利用して幻想的な空間を演出することが出来ます。結婚式は費用を抑えても工夫次第でとても良いものになりますので、自分に合った内容を考え、選ぶことが大切です。

式場の情報を集めよう

結婚

まず横浜のどのあたりのエリアで式を挙げたいかを考えることが、結婚式場を探す際には必要です。そしてそのエリアにある気になった結婚式場に資料請求をしてみましょう。あまりにも大量に請求すると、置き場所などにも困ってしまいますのでその点に注意することが大切です。

More Detail