お祝いのメッセージを送る|食事や日程を考えることも結婚式の費用節約に欠かせない

食事や日程を考えることも結婚式の費用節約に欠かせない

お祝いのメッセージを送る

新郎新婦のイラスト

相手の好みに合わせて

この結婚式に参列できず、新郎新婦にお祝いのメッセージを送りたい場合は電報を利用することができます。電報は、結婚式向けの商品だけでもさまざまなタイプが販売されています。従来からある台紙形式以外にもぬいぐるみや花束、プリザーブドフラワー、バルーンなどメッセージに品物が付く商品が豊富です。電報を選ぶときには自分の好みではなく、相手の年齢や性別、好みに合わせて選びたいものです。また、結婚式の場合、電報は新郎新婦のお色直しの際に読み上げられることが多いです。結婚式が午前中なら、前日までに電報が到着するように早めに手配することが大切です。結婚式の会場、日時、時間を確かめ、新郎新婦の名前も間違えないようにしましょう。

ネット注文が便利

電報は、電話局が独占販売しているころと異なり、現在はインターネット電報サービスが人気となってきています。このサービスを利用することで、結婚式に招待することができない友人や親戚などに結婚の報告をすることができます。特に忙しい新郎新婦は、丁寧に手紙を出すのが難しいかもしれないので、ネット上の電報サービスを利用するのがおすすめです。インターネットが日常的に利用されるようになり、ネット環境があれば、24時間いつでもどこからでも注文することができるからです。また、従来は台紙の料金に加えて、1文字いくら、という値段設定が主流でしたが、インターネット電報の場合、台紙と一定の文字数のメッセージ、送料込みの料金で、格安であるところが特徴です。また、慶弔の電報は忌み言葉など、気をつけたい言葉があります。そのような点でもインターネット電報の場合、豊富な文例集から選択することができ、簡単に的確なメッセージを作成することができます。結婚式の準備は忙しくなるので、電報を利用することで面倒な手間が省けるでしょう。